憧れの小さな輸入住宅~ズボラ主婦の家づくり~ ≫ 屋根材・アスファルトシングル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


by Belleまま  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

輸入屋根材 アスファルトシングル メリット・デメリット

わが家の屋根材は、アメリカで一般的に使われるアスファルトシングルです。

メーカーはOWENS CORNING

オレンジ屋根家 ハウズ

オレンジの屋根 houzzより

家 hauzz

グレーの屋根houzzより

20161201055239bcb.jpg

上記のカラーから選べます。

落ち着いた色が多いですね。


わが家は緑を選びました。

20161201130858e9f.jpg

アップで見るとグラデーションが綺麗です。

素材の感じが結構気に入っています。


アスファルトシングルの特徴とメリット

1. 優れた防水性

  基材の主成分は良質のアスファルトで、基本的に水を吸い込まない

 切れ目のない直線状のセルフシーランド(自着材)が外部からの水をシャットアウトします

2.抜群の耐久、対候性 

  Fiberglasマットが対候性を高めます

 また、クラス最高レベルの接着力をもつ独自の自着材セルフシーランドが耐風圧を上げ、

  耐風性能は48m/sの強風に対応できるほど。

3.軽い屋根で耐震性向上

  地震時の揺れが少ない。


デメリット

1.軽いので耐風性が不安

  耐風性能はあると書きましたが、軽いので時間の経過ととともに、風で飛ばされる可能性がある

2.メンテナンスの不安

  アメリカではとれた屋根材をDIYで補修する文化があるが、日本にはないのでメンテナンスが不安

  (無料フォローをしっかりしてくれる工務店なら大丈夫)

  さらに、扱う業者が少ないことも挙げられる

3.災害時の対応が遅れる心配

  材料が輸入材なので、災害で屋根材がはがれ、大規模な補修が必要な場合、材料の確保に不安が残 る(工務店にストックがあれば良いですが。。)



デメリットは、やはり輸入住宅にはつきものの、素材が輸入であることからの不安な点でしょうか?


それ以外はとても良い屋根材だと思います。


なんといっても見た目がお洒落です♬


*外壁材についてはこちら*

樹脂サイディングの我が家 メリット・デメリット




スポンサーサイト


by Belleまま  at 06:27 |  屋根材・アスファルトシングル |  comment (0)  |   |  page top ↑
フリーエリア


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Belleまま

Author:Belleまま
2015年に完成したフレンチカントリーな北米住宅で、インテリア、DIY、育児をズボラなりに奮闘中

家族構成🏡

私・・ズボラですが、こだわる所はこだわります(;'∀')
夫・・家でも外でも働き者
息子くん・・4歳(忍者になりたい、繊細で優しいお兄ちゃん)
娘ちゃん・・1歳(食欲満点、女の子な妹ちゃん)


お家づくりの事、DIYの事、子供の事、お気に入りの物などを紹介していきます♬

このブログが何かのお役に立てれば幸いです

ブログランキングに参加してます





RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。