憧れの小さな輸入住宅~ズボラ主婦の家づくり~スポンサー広告 ≫ 無垢フローリングの欠点憧れの小さな輸入住宅~ズボラ主婦の家づくり~無垢フローリング・床材 ≫ 無垢フローリングの欠点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


by Belleまま  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

無垢フローリングの欠点

今回は、無垢フローリングのデメリットについて


ネットで調べてみると色々と無垢フローリングデメリットを目にしますが、実際住んでみてどうなのか?


正直な評価をしてみたいと思います。


メリットについては前回の記事をどうぞ➡こちら


再度我が家の無垢フローリングの詳細も載せます

3 (2)

会社Rozen(カナダ)

種類 メープル ウレタン塗装

厚み 19mm


光に当たると白っぽくなり、夜は黄色っぽく見えます。

ナチュラルなお家に合うと思います。


それでは、住んでみて感じる欠点をお伝えします


無垢フローリングの欠点

1.ホットカーペットやこたつが使えない

 ホットカーペットやこたつを使うと、無垢材が乾燥して小さくなり板と板の間に隙間が出来たり、ひび割れが起きます。

 実際、ホットカーペットを使ってしまい、隙間とひび割れを起こしてしまいました。

 (無垢材はホットカーペットを使ってはいけないと知らなかった為驚きました💦)


IMG_4345.jpg

IMG_4344.jpg

入居して2度冬を越したフローリングの画像です。

ホットカーペットを使用していたので隙間が5mmほど空き、数か所ひび割れが起きてしまいました。

無垢材を利用される方は、ホットカーペットやこたつは使えない事をご理解した上で採用された方が良いと思います。

床暖房対応の無垢材などもあるようなので、こたつを使いたいと思う方はそちらをご検討されると安心ですね。

しかし、お値段は割り高になるようです。


2.冬はやっぱりそこそこ冷たくなる

 よく、無垢材は冷たくないとインターネット上で見かけますが、我が家の無垢材は普通に冬は冷たいです。

 足元から冷えるので、無知だった私はホットカーペットを利用してしまっとほど。。

 しかし、足元から冷えるのは床下の基礎構造や断熱材や気密性も原因がある可能性があるので、床下の断熱と気密性がしっかりしていれば、無垢の良さを生かせるかもしれません、

 寒さは足元からくるので、床下の断熱は大事ですね。


 参考までに我が家の床下構造と断熱材

 床下:根太レス工法

 断熱材:カネライトフォーム 第Ⅲ主ポリスチレンフォーム 60mm

 床板:無垢材19mm

 このような組み合わせで構成されています。


 足元はものすごい寒いわけではありませんが、やはり冷えます。

 なので、ラグの下には防熱シートとジョイントマットを引いています。

2017011214093071c.jpg

このように、3枚重ねれば足元からの冷えもなく暖かいです。

しかし、ラグだけだと寒いです💦


つまり、床下断熱や気密性が完璧でないと、いくら無垢材でも寒いという事です。

特に、リビング階段や吹き抜けのお宅は要注意ですね。


3.傷がつきやすい

 子供がおもちゃを床にたたきつけたりするので、すでに傷がたくさんあります。

20170113143945bfc.jpg  

分かりますか?

画像ではよく分かりませんが、小さなくぼみが沢山できています。


それでも、個人的にはこの傷は嫌いではないです。

子供が巣立っても、この傷はこの家にずっと残ります。

子供たちが生活していた思い出の一つになると思うと、傷がつきやすいのは良いところかもしれませんね☆


4. 多少の隙間が出来る可能性がある

 無垢材は調湿作用があるので、夏は湿度を含み膨らみ、冬は乾燥して縮みます。

 膨らんだり縮んだりを繰り返すので、湿度が大幅に変化する環境だと板と板の間に隙間が出来てくる可能性は高いです。 

 隙間が出来る事が許せない方は、無垢材はやめておいた方が無難かもしれません


まとめ

無垢フローリングのデメリットは、暖房器具利用の制約がある事。又、木の調湿作用により、悪い環境だと隙間やひび割れが合板フローリングより起きやすい事だと思います。


このような点をしらずに無垢フローリングを採用してしまうと痛い目に合うので、これらの点をきちんと理解した上で取り入れる事をお勧めします。


特に、リビング階段や吹き抜けのある家で無垢材を検討されるのであれば、床暖房対応の無垢材を選んだり、暖炉を導入されると寒さ対策はバッチリかと思います。


それでも、無垢フローリングは合板フローリングよりは冷たくないですし、寒い寒いと言いましたが、エアコンを付けて靴下とスリッパを履けば寒さは気になりません

リビングでは絨毯と防熱シートを引けば暖かいですし。

わが家は現状満足しています。


予算を抑えたい方は普通の無垢フローリングで充分だと思います。

しかし、寒さが苦手でホットカーペットやこたつなどの暖房器具を利用されたい方は、床暖房対応の無垢材を取り入れると安心かと思います。


後は暖炉でしょうか?無垢材+暖炉は憧れますね☆

特に北海道や東北などの寒い地域に暖炉があると絵になる気がします。


長くなりましたが、無垢フローリングの欠点でした。


参考になれば光栄です。


次回は、無垢フローリングに隙間とひび割れ!張り替え工事の模様

をお送りします。



関連記事


by Belleまま  at 15:06 |  無垢フローリング・床材 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Belleまま

Author:Belleまま
2015年に完成したフレンチカントリーな北米住宅で、インテリア、DIY、育児をズボラなりに奮闘中

家族構成🏡

私・・ズボラですが、こだわる所はこだわります(;'∀')
夫・・家でも外でも働き者
息子くん・・4歳(忍者になりたい、繊細で優しいお兄ちゃん)
娘ちゃん・・1歳(食欲満点、女の子な妹ちゃん)


お家づくりの事、DIYの事、子供の事、お気に入りの物などを紹介していきます♬

このブログが何かのお役に立てれば幸いです

ブログランキングに参加してます





RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。