憧れの小さな輸入住宅~ズボラ主婦の家づくり~スポンサー広告 ≫ 無垢フローリングに隙間とひび割れが!張り替え工事の模様憧れの小さな輸入住宅~ズボラ主婦の家づくり~無垢フローリング・床材 ≫ 無垢フローリングに隙間とひび割れが!張り替え工事の模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


by Belleまま  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

無垢フローリングに隙間とひび割れが!張り替え工事の模様

我が家は無垢フローリングです。


無垢材は肌ざわりも見た目も良く、とても気に入っています。


がしかし!!

入居1年経った頃、

リビングの無垢フローリングに大きな隙間とヒビ割れが出来てしまいました|д゚)


その模様はこちら↓

 IMG_4344.jpg

IMG_4345.jpg

 

上の画像はひび割れが、下の画像は2~3mmの隙間が出来ています。


しかも一か所ではなく、あちこちに数か所このような隙間とひび割れがありました。


ひび割れと隙間の原因


ホットカーペットを利用していたから(工務店さんがそう判断しました)


今では無垢材は暖房器具に弱い事は知っておりますが、

入居当時は何もしりませんでした


工務店さんもその点を知らず!注意点として私達に伝えていませんでした。Σ(・□・;)


2つの悲しい現実が重なり、無垢材は無残な姿に。。( ;∀;)


そして、無垢フローリングを貼りかえてもらう事になりました。


今回は工務店さんの説明不足という事で無償で張り替えてもらいました


非を認め、すぐに対応してくれた点、とても感謝しています(#^^#)


張り替え工事の模様

1.まず無垢フローリングを全て剝がします


  音の出る工具でフローリングをはがしていきます。

  この音が非常にうるさい!!

  テレビの音も聞こえないくらいです。

  この作業が1日かかりました。

057 (2)

  全て剥がし、合板がむき出しになりました。

  合板の痛みが酷い部分はボンドを塗って平にしていました。

  ボンドで水平が保たれるのか確認した所、問題ないと言っていましたが、

  見た目不安になります💦

  張り替えるという事は、他の部分にも負担がかかりますね。

2. 一枚ずず板を貼っていく

  貼り終えた画像

068 (2)

3.壁回りの飾りを取り付ける

064 (2)

床と壁の境目に白いモールディングをつけ直します。


ここまでで、2日半かかりました。


遠目からみると綺麗にできあがり、まぁまぁ満足な結果になりました。


張り替え工事後の不満な点

1.あらゆる部分に、隙間がある。。

067 (2)

061 (2)

 

ピッタリと隙間がない所と、0.3~0.6mmほどの隙間がある部分が出来ました。

工事前より隙間の幅は縮みましたが、なぜこんなにあちこちに隙間があるのか気になります。


2.隙間が出来た理由が曖昧

よく、無垢材はあえて隙間を0.5mm程開けて施行すると聞きます。

それは、無垢材膨らんだり縮んだりする性質を持っているから。

ですので、0.5mmほどの隙間が均一に空いているのなら安心できます。

しかし、今回はピッタリと隙間がない部分と隙間の空いている部分がまだらに存在し、

さらに、隙間の幅も均一でなく歪んだりしていました。


ですから、

『なぜあちらこちらに隙間が出来ているのか?』  

聞いたところ

『木の加工により、形や幅が均一でない為』

との回答。

なるほど、理論は分かりました。


しかし、なんだか腑に落ちない。

なぜなら、工事をしたリビング以外の、住んで2年経ったダイニングや廊下の無垢フローリングにはそのような隙間は一切ないからです。

他には一切ないんです。

0.1mmの隙間も、1か所もないんです


ですから

『なぜ2年経ったフローリングに一切隙間がなく、新しく張り替えた部分が隙間だらけなのか?』


と聞くと、

『分かりません。。』

『もしかしたら、木の調湿作用で、隙間が閉じていくかもしれませんが、はっきりとは申し上げられません。。』

曖昧な回答しか聞けませんでした。。


他のダイニングや廊下のフローリングにも同じような隙間があるのなら納得ですが、

正直満足な結果とまではいかない張り替え工事となってしまいました。


もしかすると、新築工事の時の大工さんと今回の張り替え工事の大工さんが違う方だったので、施行のやり方の違いが出てしまったとも考えられます。


まとめ

このよに今回の張り替え工事は、我が家にとっても工務店さんにとってもどちらにも負担のかかる、嫌な工事となってしまいました( ;∀;)

無垢材の張り替え工事は大変です。日数もかかるし、張り替えても満足の行く結果にならないかもしれません。

なので、一番大切なのは張り替え工事をしない事です!

新築時に、扱う無垢材の正しい扱い方法を知る事はとても大切です。

そして、無垢材は扱う大工さんの施行方法によっても出来上がりに差ができるのではないか?とも思います。

無垢材は木そのものなので、やはり予定通り予想通りにいかない部分も出てきます。

多少の隙間が出来ても仕方がないと思っていた方が、ストレスなく無垢材と付き合っていけるのかもしれません。


要は、

無垢材にホットカーペットやこたつを利用しない事!

そして、

多少の隙間は気にしない!


この2点はとても大切だと思います


正しい知識をもって、無垢材と共にナチュラルライフを送って下さいね☆


本日もご訪問ありがとうございました(^◇^)


関連記事

無垢フローリングのメリットは夏に感じる

無垢フローリングの欠点

関連記事


by Belleまま  at 15:59 |  無垢フローリング・床材 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア


最新記事
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Belleまま

Author:Belleまま
2015年に完成したフレンチカントリーな北米住宅で、インテリア、DIY、育児をズボラなりに奮闘中

家族構成🏡

私・・ズボラですが、こだわる所はこだわります(;'∀')
夫・・家でも外でも働き者
息子くん・・4歳(忍者になりたい、繊細で優しいお兄ちゃん)
娘ちゃん・・1歳(食欲満点、女の子な妹ちゃん)


お家づくりの事、DIYの事、子供の事、お気に入りの物などを紹介していきます♬

このブログが何かのお役に立てれば幸いです

ブログランキングに参加してます





RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。